SAKURANOKI は代々木公園 近くのオフィス。
長くインテリアビジネスに関わりみてきた多くの中から、ここでは暮らしに心地よいものや情報などご紹介しています。

2021.7. 4

向田邦子さん 没後40年イベント 2



今年の初めに開催されていた青山での向田邦子さんのイベントと重なって、たまたま 沢木耕太郎さんの「作家との遭遇」を読んでいたら、
向田邦子さんに関する文章があった。 タイトルは '記憶を読む職人'

'ユーモアのかげに多くの死がちりばめられていた' とか、
好きな作家の好きな作家論、とてもおもしろかった。
自分も今の歳だから解る楽しみもたくさんあるものだ。

142435452_3465006293609051_8458310309043386677_n.jpgのサムネール画像

若いころは 好きな人の情報を必死に探し周り 本や紙で保存し、色々想像したもの。向田さんの情報も見つけると大切に持っていた。
今では簡単によく見る、この写真はそのひとつ。

142677209_3465006353609045_8223141500470920998_n.jpgのサムネール画像

フジタのリト、革のソファや椅子、器や料理...

暮らし方まで等身大の本物の貫禄、使う言葉と同じで 媚びず嘘やブレもなくみえて、とても憧れた。

そして女として人を心から愛したことがあるんだなとわかる愛する苦悩を知っているんだなと。
なろうと思ってなれる知性や魅力ではないと。


142439196_3465006280275719_3813949350462401963_n.jpgのサムネール画像
全てが想像だけど、
インテリアがすてきとか薄っぺらいものでなく生活してる様子は生き方そのまま、潔く、嘘がない。





2021.6.17

向田邦子 没後40年イベント 1




1月のことになるけれど。
青山スパイラルで '向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」'が開催された。

構成も内容も、また暮らした青山という地で、とてもすてきでした。

141697120_3460105320765815_7049299270918796606_n.jpgのサムネール画像

向田邦子さんのことは、子供の頃 TVドラマから知り、その後本を読んだり写真を見たり、
文章はもちろん、ファッションや家やインテリア、料理や生活の様子、洗練されセンスよく使いこなすすべてに憧れた。私の中ではずっと生き続けている人。

翳りのような魅力にも憧れた。
何年も前にここに書いたけれど、向田さんで特に冬に思い出すのは、
本「夜中の薔薇」一つのエッセイ「手袋をさがす」の中の、向田邦子さんらしい好きな一節。
「22歳の時だったと思いますが、私はひと冬を手袋なしですごしたことがあります。気に入らないものをはめるくらいなら、はめないほうが気持ちがいい、と考えていたようです。」




2021.5.27

ゴルフのこと



先月4月12日のことになるが、早朝から号泣した。うれしくて。
松山英樹さん、マスターズ初優勝!アジア人初
29歳の精神力に感動しました。美しい姿でした。

171431599_3672761382833540_4847177692766191243_n.jpgのサムネール画像

171536250_3672767049499640_190270367075737752_n.jpgのサムネール画像

わたしがゴルフを始めたは20歳の時。若い頃は友人とよくいろいろなところへ練習に、旅先、海外でもゴルフをしたり楽しんだ。

その後仕事中心の生活が約20年、その長いブランクを経て再び数年前からレッスンに。上達するといいのだけど。

ふたたび友人たちと皆でコースに行ける日を願って。





2021.4. 3

春の歌のように


2018年4月に書いたもの
父が倒れてから無事退院し落ち着いたころのもの。
そして、2021年春、昨年末ふたたび手術し生還した父は、今日も元気に生きている。
桜が多い土地で育った私たち家族にとって、一緒に桜を見ることは大切なこと。



今年の桜は特別、その花々の力を感じました。
多くの感情を、
多くの美しい思いを感じました。
しあわせなのでしょう。
苦しみや悲しみの中で、実感しました。

美しい歌を聴くように、美しい詩を読むように、

桜の花の顔は微笑みかけて
わたしを励ましてくれました。2018年4月。

29744826_1476887929087574_2200392605412106257_o.jpgのサムネール画像

29744422_1476888059087561_1250444568286654031_o.jpgのサムネール画像







2021.4. 3

村上RADIOのライブ配信




2月14日に同時配信された、TokyoFM 村上RADIOで開催されたスペシャルライブがあまりにすばらしく、
ここ数日は再びラジオのタイムフリーでも何度も聴いていますが

ジャズなボサノヴァな、とにかくすてきなライブで、
また、大好きな村上春樹さんの実在も確認できうれしかった。

151801496_3524579034318443_5393060178381961951_n.jpgのサムネール画像


大西順子さん山下洋輔さんはじめ すてきなミュージシャン多数、熱い演奏に自然に体が踊り揺れる。美しい音楽はこんなにも心を軽くしてくれるものか。

村上春樹さんは大人気作家だけど、私にとっても大切な一人。若い頃からいつも側にある作家の一人。言葉がきれいで読後は何とも不思議な気持ちに。希望をくれる。

今回のライブでは、すてきな村治佳織さんのギター演奏に、村上春樹さんご自身の朗読も見ることができた。

若い時に出会いこうして今も、同じ時代に生きていてほんとうにしあわせ。


'ボサノヴァのリズムは心臓の鼓動と同じ'だと
小野リサさんの言葉も印象的だった。


豊かな時間ありがたい配信でした。
MURAKAMI JAM いけないボサノヴァ♪





前の5件3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13